スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

コロナという壁に直面しているスターシードたちは今何をすべきか

コロナという壁に直面しているスターシードたちは今何をすべきか

アセンション

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、近代史上では見たことの無かった光景が世界中に広がっています。
ネット上の噂ではそれは中国のウイルス研究所から漏れたものであるという説が有力であるかのようにみられています。しかし、実際にはそのような単純な経緯で発生したものではなさそうです。

私が得ている新しい情報をこのブログに書くことは出来ませんが、いずれにしても人為的に造られたものである可能性が高い。
しかし、そうであったとしても私たちは他責であってはなりません。その人為は私たち自身の集合意識によって創造されたものであるからです。

これまでのぎくしゃくとした社会構造の中で生きてきた人類が行き詰りを感じ、魂の欲求から由来する潜在意識の上では自分軸(ワンネス・統合)への自己改革の必要性を認識しながらも、しかし、表の意識では他人軸(他責・分離)から脱却することが出来なかった。
その矛盾する二つの意識がぶつかり合うことで破壊と再生の大きなエネルギーが生じ、結果として人類は多大な犠牲を払いながら自らを強制的に変えていく機会を得ることを選んだのです。

今回の人類はレムリアのように水没による文明の強制終了という道を選ばず、パンテミックによる意識の強制転換(強制アセンション)の道を選んだという点に光明を見出すことが出来ます。


スピリチュアルと宗教の違いは、自分軸か他人軸かという点にあります。
しかし、中には自分軸で生きろと言いながら他人をコントロールしようとする似非(えせ)スピリチュアルもあるので注意が必要です。

宗教は、正しいことと間違っていることの判断基準を外側から与えていきます。リアリティー(真実)は自分の外にあると考えます。
自分の考えと教団が言っていることが異なっている場合、教団の言っていることが正しいと考えます。
そして上下関係の強い組織が形成され、教団の教義やリーダーの指示に対して従順である者が意識や霊格の高い者とみなされ、その組織の中で出世していくのです。

これと非常によく似ている世界があります。それはサラリーマン社会です。私は現代の多くの企業は宗教組織だと考えています。
企業戦士と呼ばれる人たちは自分の寝ている時間以外の大半の時間を雇われている会社に捧げることをいとわず、個人の欲求よりも組織の目的を優先させることを美徳とします。
自分がやりたいことが他にあったとしても上司から飲みに誘われれば個人的な欲求を抑えてそれに従うことが柔軟性のある大人の態度であるとされ、それが出来ない者は頭の固い未熟な人間とみなされて出世することも出来ません。

人間は自分の欲求に対して素直になることで力を得ることができるのです。
これから間もなく始まる社会の激変が落ち着いた先では、仕事の目的は自己実現をするためだけのものに変容していきます。しかし、それまでの間は大企業で働く被雇用者の中に精神疾患が増えるでしょう。
私の場合、会社という他人軸の世界では自分に対して価値を見出すことが出来ないことを社会人に成り立ての頃から感じていました。ようやく15年ぐらい前にサラリーマンを辞めて自営業者となり、それ以降自分が好きなことを仕事にして生計を立ててきました。

窓

基本的に、自営業を始めた人、起業した人は自分軸で生きることにベクトルを合わせた人です。そのような人たちの中にはインディゴやスターシードと呼ばれる人が多いでしょう。
にもかかわらず、今、そのような人たちのビジネスがコロナという大きな壁に直面しているケースが少なくありません。

このことは、自分がどうありたいのかをすでに明確にしている人たちが、今度はもう少し大きな視点に変えて、自分が生きていく社会をどのような社会にしたいのかを明確にしていくタイミングが訪れたということを意味しているのではないかと私は考えています。
すなわち、コロナという試練を通して、スターシードたちがもう一段高い次元へ上昇(アセンション)する機会を得ているのです。

すでに自分軸で生きていくことに意思を定めた人が、今度は共に助け合い、刺激をし合って生きていく共生社会を実現させていくことに自分の意思を定めていく。
その具体的なやり方は、こうしなければいけないということはありません。やれる事から各自の自由な発想で進めるべきです。
例えば、アクティブな人は新しいコミュニティーを作ろうとするかもしれません。
またある人は、自分が考えていることや実践していることをブログに書いて発信していくかもしれません。
またある人は、自分の意思を選挙の投票行動で表すかもしれません。

スピリチュアル界隈では政治に関わることを否定する人もいます。しかし私は、ブログを書くことも選挙へ行くことも自分の意思を宇宙へ向けて発信する手段のひとつと考えています。そして、それは政治家に責任転嫁するという意味ではありません。

ネットを利用して社会と宇宙に対して自分の意思を発信していくサークルを始めました。
まだ自分発信を始めていない方は、ぜひ参加をご検討ください。

「いやさかの会 自分メディア構築グループ」

(やしろたかひろ) ※FB友達募集中



関連記事
光の存在やガイドたちが、今あなたに伝えたい事。


ヘンプショップ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional