スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

武田邦彦教授の動画がユーチューブから違反警告を受けています

武田邦彦教授の動画がユーチューブから違反警告を受けています

武田邦彦


新型コロナウイルスをめぐっては、日本国内でも東京など感染者の多い地域とそれ以外の地域とで人々の感覚に温度差があるようです。

東京に住む人々はいつ自分が感染してもおかしくないという認識をもっていて、また都会で密を避けられる場所というのは皆無に等しいので、仕事や最低限の買い物をする時以外はほとんど外出しないという人も多いようです。
一方で、感染者の少ない地方に住む人々には、マスクと手洗いをし密を避けてさえいれば自分が感染することはほぼ無いだろうというやや楽観的な認識があります。しかし、ごく一部には感染者が居ると犯罪者を見るかのような差別的な目で見る傾向があり社会問題化しています。
いずれにしても、来年の春頃までは試練の日々が続きそうです。


さて、これまで一貫して新型コロナに関するマスコミの偏向報道に対して異論を述べてきた環境学の専門家で中部大学教授の武田邦彦さんの動画が、ユーチューブから「WHOの方針に反する」という理由で警告を受けました。

新型コロナに関する武田さんの主張には以下のようなものがあります。

・日本では新型コロナが流行し始めた頃からインフルエンザの患者数と死亡者数が極端に減少しており、この傾向は人々がマスクや手洗いを励行するようになった時期の前から起きている。したがって、日本人の冬のカゼに対する危険度はむしろ小さくなってきている。[※参考]
・PCR検査は他のコロナウィルスと明確に区別できる方法ではない。
・子供にマスクをさせることのリスクについて小児医学会が見解を出している。


ユーチューブからの違反警告に対して、武田さんは以下のように反論コメントを出しています。

「日本国憲法では、絶対に守るべきものとして表現の自由が定められている。ユーチューブは外国の企業が支配しているが、外国の企業であっても日本国内で活動する場合は憲法に従う必要がある。
日本政府はWHOの方針に従う義務を負っているのかもしれないが、日本国民はその義務は負っていないと思う。」

免疫生物学者で徳島大学の大橋眞名誉教授がPCR検査の問題点について述べていた動画の一部も、ユーチューブから削除されたことを以前に紹介しました。
武田邦彦さんは自分が科学者であることに誇りを持っており、科学の情報は人類全体で共有すべきものであると主張して自己の著作権を放棄している人なので、特にこの人のコメントには拡散力があります。

トマト


日本には薬機法という製薬利権を守るための法律があります。
例えば、トマトに含まれる成分のリコピンには活性酸素を消去する働きがあり、ガンや老化などの予防に効果があるとされおり、医師の中にもトマトを積極的に食べている人が多いらしいです。
しかし、八百屋さんがこのようなことを説明しながらトマトを販売したら薬機法違反になります。ふだんの食生活だけで人々が健康になったら困る勢力があるのです。
サプリメントならなおさら、このような効果効能を説明をしながら販売すれば取り締まりを受けてしまいます。
日本では本当のことを言っても違法になってしまうのです。だから予防医学が進まず、医療保険制度が崩壊しそうになっています。

今回のように、専門的な知識や客観的なデータ情報の収集能力を持っている科学者の発言であり、なおかつ別に何かを販売して自分が金儲けをするために発言をしているわけではなくてもその発言が妨害されるようになった今の社会風潮は異常であり、やはり破壊と再生の予兆なのではないかと思います。


(やしろたかひろ) ※FB友達募集中


ヘンプショップ

電磁波対策グッズ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional