スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

陰謀論の検証法(2)人口削減計画、ビル・ゲイツ、人工地震、ケムトレイル

陰謀論の検証法(2)人口削減計画、ビル・ゲイツ、人工地震、ケムトレイル

ビル・ゲイツ
ビル・ゲイツ氏( 読売新聞オンラインより転載)


前回、ワクチンとマイクロチップに関する噂を例にあげて、陰謀論の検証法について述べました。
https://www.yaei-sakura.net/index.php?QBlog-20210413-1

今回は前回の続編として、もう少し事例を増やして検証してみたいと思います。

このところ、Qアノンもしくはそれに近い人たちによって様々な陰謀論がネットを通して世界中に拡散され人々の恐怖を煽っており、そのような噂が一部スピ系の人たちの思考を停止させている傾向が見られます。

大企業や大資本が利権を守り拡大するための工作活動というものは実際にあると思います。
しかし、世間で言われている陰謀論の多くは事実と嘘が混在しておかしな話になっています。


人口削減計画について

人口を抑制する必要性についてはかなり昔から様々なところで議論されてきました。それは主に、発展途上国で人口が急増することによって食糧不足による飢餓と貧困がもたらされるという考えによるものです。
中国で実施されていた一人っ子政策は抑制策のひとつでした。

一方で、陰謀論者たちの言う「人口削減計画」とは、戦争を起こしたり有毒物質を撒くなどの行為によって生存している人たちの命を奪う、もしくは短命化させるというものです。
それは、飢餓によって人間が死ぬことは良くないことだが、飢餓を無くすために意図的に人間を殺すことは良いことだという考え方があることを意味しており、言うまでも無く支離滅裂な話です。

今の世界には、全人口の生活を賄えるだけの量の食糧と物資があります。ただ、それらの供給が偏在しているだけです。
供給の偏在が意図的に行われ、有り余るほどの食糧や物資を独占している権力者たちが人口削減計画を実行していると考えるのもおかしな話です。



氷河期突入と火星移住計画について

氷河期が来る可能性はあるでしょう。しかし、今の私たちが生きている間に急激に地球が寒冷化して人が住めない惑星になるのかどうかはわかりません。

人類が火星に移住し、そこに理想郷を創るというという計画は実際にあるようです。しかし、氷河期が来るから火星に避難するのだという説に関しては疑問です。
火星の表面の環境は地球よりも過酷です。そこにドームのようなものを造って人が住めるようにするのだと思いますが、ならば地球上にそのようなドームを造れば地球にも人が住めるのではないでしょうか。



ビル・ゲイツ悪魔論について

彼はIT専門家の立場から、テクノロジーがもたらす将来考え得るリスクについて講演したことはあるでしょう。

彼は資産家であるので様々なビジネスに投資をしています。その中には製薬会社があり、彼がワクチンの販売競争を煽っている可能性はあり、さらに、WHOも利権団体なので彼が関わっていても不自然ではないでしょう。

彼が率いるマイクロソフト社が人体に埋め込むマイクロチップらしき特許を申請した事実があります。
特許番号は「WO / 2020/060606」。その特許のタイトルは「身体活動データを使用した暗号通貨システム」。暗号通貨経済を推進するためのものです。

彼が製薬会社と組んで人口削減を目的としてワクチンの中にマイクロチップを混入させているという噂は以上の情報を組み合わせて尾ひれを付けたものであり、根拠がありません。
製薬会社はむしろ人口が増えた方が儲かります。それがなぜ自らの首を絞めるような人口削減計画に加担するのでしょうか。

また、ビル・ゲイツ氏は、20年前の不倫問題が昨年になって社内調査され、このたびマイクロソフトの役員を退任させられました。
このことは、陰謀論で語られているようなことをする強大な権力は今の彼にはなかったことを示しています。


ケムトレイル説について

犯罪者によってウイルスや有毒物質が私たちの生活環境に撒かれる可能性というのは否定できません。目に見えない物質であるだけに秘密裏に撒くことは難しいことではないでしょう。

ただし、平時において、戦時中に米軍がベトナムに枯葉剤を撒いた時のような手段で撒くことは不可能です。
飛行機を使用すれば非常に目立つので秘密裏に実行することは不可能であり、レーダーにも写ってしまうので各国の国防機関がそれを見過ごすはずはないでしょう。

ウイルスや有毒物質を撒くのであれば、オウム真理教が地下鉄で実施した方法が最も簡単であり、目立たず、コストも掛からずに実行することができます。
空からというのならば、飛行機よりも風船を使うべきです。



人工地震説について

地震を人工的に起こす技術は昔からありました。ただし、前提として何の目的で人工地震を起こす必要があるのかという根拠が必要です。

東日本大震災クラスの地震を人工的に起こすためには原子爆弾が必要であり、海底での大掛かりなボーリング工事が必要です。それには莫大な費用が掛かり、またそのような作業は目立ちます。

HAARP(ハープ)という電離層を干渉する軍事兵器で人工地震が起こされるという説があります。
しかし、HAARPは地球の固体、液体、気体の各層で発生する作用に影響を及ぼし、例えばテレビやインターネットなどに電波障害が起きます。
東日本大震災で地震以外にそのような現象が起きたでしょうか。

いずれの方法にしても、大規模な地震によるネガティブな影響はその地域だけに留まることはありません。震源地から遠く離れた地域で大津波被害や世界規模での経済的な影響の可能性。また、東日本大震災では放射性物質が公海に流されています。
さらに、大規模な地震を起こすような出力でHAARPを使用すれば地球規模の気候変動やポールシフトをもたらす危険性もあり、したがって安易な目的でやたらに使用することができるような手段ではありません。


陰謀論

利権勢力によって操作されたマスコミ情報と、人間の感情によって加工された陰謀論的なネット情報は両極にあり、どちらも正確ではありません。
ネットに流れている噂話については、各自がまず自分の頭で以下のようなことをきちんと考えてからシェアすべきです。

1. 誰がどのような目的(必要性)があってそれをやっているのか。
2. それを実行する人にとってリスクはないのかどうか。(非効率性のリスク、経済的リスク、逮捕されるリスクなど)
3. 秘密にすべき違法な計画の情報がなぜあからさまに拡散されているのか。

「陰謀論」と「陰謀」とは違う、ということを理解してください。
陰謀論とはフェイクのことです。フェイクは簡単にネットで拡散されていきます。
本物の陰謀は秘密裏に行われるものなので、簡単には情報拡散されることがありません。知っている人が下手に他言したりすると、命を取られることもあります。

このような事を自分の頭で考えてみないと、カルト集団の餌食にされてしまいます。
思考停止したカルト集団の信者たちは、「根拠や目的はよく分からないが、世の中には私たちの思考が及ばないことをやっている人たちがいるのだ」と言うのでもはや手が付けられません。

(やしろたかひろ) ※Twitterフォロワー募集中

※関連記事
ムーンショット計画 …AI社会の到来をあなたは受け入れますか?


<いやさかの会>LINEグループのご案内
このLINEグループはメンバーの雑談部屋として、近況報告や井戸端会議的な会話から困り事相談、何かわからないことの質問まで自由にご利用ください。
これから数年で社会が激変してきます。現実の世の中で今何が起きているのかについてもシェアしていきたいと思います。
※宣伝目的の利用はNGとさせていただきます。
<いやさかの会>LINEグループの詳細はこちら


ヘンプショップ

電磁波対策グッズ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional