スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

社会の深層を分析することと陰謀論とを区別しなければいけない理由

社会の深層を分析することと陰謀論とを区別しなければいけない理由

COVID19

過激化する反ワクチン集団「神真都Q」を放置してはいけない理由 ー Yahoo!ニュース

4月7日、東京都渋谷区のクリニックで、新型コロナウイルスのワクチン接種反対を叫ぶ「神真都Q」(やまとキュー)と名乗る団体メンバーが診察室などに乱入し、建造物侵入容疑で逮捕された。
彼らは、アメリカなどで広がる極右陰謀論者集団「Qアノン」の日本版を自称しているという。
コロナワクチン接種は「闇の組織」が人類滅亡を目論んだものだと考え、反ワクチン、反コロナ論を展開している。
陰謀論が、しばしば過激な行動、暴力、テロに関連することは多くの研究が示している。

https://news.yahoo.co.jp/byline/haradatakayuki/20220408-00290436



これはとても複雑な問題です。
インターネットやSNSの普及、世の中の先行き不透明感、そしてマスメディアの偏向的な報道姿勢なども問題の背景にあります。


筑波大学教・授原田隆之氏が書いたこの記事の中では、陰謀論者の特徴についても説明されています。

その中で、陰謀論を信じやすい人には特定の特徴やマインドセットがあるとし、社会的孤立、低い知的レベル、ナルシシズム(個性的な存在でありたいという心理)、高い不安傾向、自信欠如などがあげられています。

すべてのケースがこれに当てはまるとは思わないのですが、おそらくこのあたりが人々に恐怖を煽ることを目的として流されているフェイク情報を盲目的に信じて拡散する人たちの特徴なのでしょう。



しかしながら、今の社会にはワクチンの主成分は殺虫剤であるといったような荒唐無稽な陰謀論が拡散されていることも事実である一方で、CIAのように工作活動を行う部隊が昔から実際に存在していたことも周知の事実です。

また、この記事ではロシアのウクライナ侵攻に関連して、ネオナチの話も陰謀論であるかのように語られていますが、欧米やウクライナには外国人排斥等を主張する極右過激主義のネオナチ勢力が存在していることを日本の公安調査庁が認めており、それが公式サイトに明記されているという事実があります。

「極右過激主義者の脅威の高まりと国際的なつながり」(公安調査庁)
https://www.moj.go.jp/psia/ITH/topics/column_03.html


過去に、マスメディアが誤報を流した事例は数々あります。

例えば、アメリカを中心とする多国籍軍がイラクを空爆して始まった湾岸戦争の時に、クエート駐米大使の娘である15歳の少女が、イラク兵が病院で新生児を殺害していたことを議会で証言したという事件がありました。
しかし、その後、彼女自身が自分の証言が嘘だったことを告白し、実は自分はアメリカから一度も出たことが無かったと語っています。

さらに、イラク軍の捕虜になって暴行を受けていた米軍女性兵士ジェシカ・リンチさんを米軍が救出したという映像が流されました。
これも、後に本人があの映像はフェイクだったことを告白し、むしろイラク兵は紳士的で自分に対して医師も派遣してくれたと語っています。


新型コロナ騒動にはある工作が関わっていることは確かなのですが、ネットで拡散されているワクチンに関する情報はQアノン系の人たちとQアノンを育てた勢力が発信源となっており、それらの内容はほとんどフェイクだと私は考えています。

社会の深層について冷静に分析することと、単なる陰謀論が感情的に拡散されることとは区別されなければいけないと思います。

(やしろたかひろ) 


※関連記事
陰謀論の検証法(2)人口削減計画、ビル・ゲイツ、人工地震、ケムトレイル
食糧危機を理由とする人口削減計画の噂は真実なのか?
グレートリセットとは何か、デジタル通貨との絡みは?
二段階アセンションの後半、混乱の時、私たちはどう生きていくのか

<いやさかの会>LINEグループのご案内
このLINEグループはメンバーの雑談部屋として、近況報告や井戸端会議的な会話から困り事相談、何かわからないことの質問まで自由にご利用ください。
これから数年で社会が激変してきます。現実の世の中で今何が起きているのかについてもシェアしていきたいと思います。
※宣伝目的の利用はNGとさせていただきます。
<いやさかの会>LINEグループの詳細はこちら


ヘンプショップ

電磁波対策グッズ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional