スピリチュアル総合情報サイト【弥栄-イヤサカの会】

弥勒の世の夜明け前、今年のゴールデンウィークをどう過ごしますか?

弥勒の世の夜明け前、今年のゴールデンウィークをどう過ごしますか?

即位礼

社会情勢の混乱のため、今は今は方向性が見いだせなくなっている人々が多いのではないでしょうか。
しかし、これまでスピリチュアルにフォーカスしてきて、自分の生き方について真摯に捉えて人たちは、他の多くの人たちよりも軽い気持ちでこのタイミングを過ごせているのではないかと思います。
今は夜明けの晩です。世紀末というようなネガティブな時期ではありません。陰と陽、表と裏、物質文明と精神文明が統合されるプロセスにあります。

今日は私自身の復習の意味を兼ねて、元号が「令和」に変わって以降、私がこのブログに書いてきた内容の要点を時系列でまとめさせていただきます。
「19」という数字が随所に現れています。


令和の始まりはおだやかな雨でした

平成の大晦日に当たる2019年4月30日と令和の元旦に当たる5月1日をまたぐ天候は、北海道から沖縄まで全国的に浄化の雨でした。

「令」と「雨」の漢字が組み合わさると「零」になります。「零」の意味はゼロであり、リセットです。今までとは全く違う時代の到来を予兆しています。
「令」は、神様のお告げを意味するとともに自然現象を意味します。万物に神様の意思が宿ると考える日本人の精神文化を象徴しています。
「令和」は、互いに生かし合う高度な精神文明に基づいた社会やコミュニティーを意味します。
実にスピリチュアルな元号となりました。


即位礼は台風19号に見舞われました

即位礼正殿の儀の直前 雨上がり虹かかる


2019年10月22日の即位礼は台風19号に見舞われました。そして、この日に行われる予定だった「天皇即位祝賀パレード」が延期になりました。

この時私は、新しい世の中に移行する過渡期には産みの苦しみが伴うことを予見し、私たちがその過渡期を乗り越えるための3つの条件を掲げました。

1 .他人の評価や、他人から言われることに振り回されないこと
 自分に対するネガティブな思い込みを手放して、絶対的な自己愛を持つこと。

2. 自分の思っていることを自由に話し、自分がやりたいことを自由にやること
 特別な技能や費用を必要とせず、誰でもが自分が好きなことや感じていることを世の中に発信することが出来るツールとしてインターネットがある。

3. 頑固であれ、意固地にはなるな
 頑固とは他人に振り回されずに自分の生き方を貫き通すことであり、意固地とは自分の非を認めないこと、反省しないことである。

この日、即位礼正殿の儀が始まるとミラクルが起き、一時的に東京の大雨が止み虹が出ました。(写真)


大嘗祭で日本の精神文化が復興する兆しが現れました

亀卜


11月に行われた大嘗祭で供えられる米の産地は、亀卜(きぼく)占いというスピリチュアルな儀式によって栃木県と京都府に決定されました。

栃木県は日本一の麻(ヘンプ)の産地であり、京都府は日本一の絹織物の産地です。
日本は米と麻と絹の国であり、三者揃い踏みです。GHQの政策によってしばらくの間抑圧されてきた日本人の精神文化がこれから復興する兆しがこの時に現れました。


そして今、現実社会が大変革を起こす兆しが見えてきました

COVID-19(コロナ)が世間を騒がせています。
この騒動は、世の中のシステムを強制的に変革させる力を持っています。
これから急速にデジタル社会へ移行していきます。中国ではすでにデジタル法定通貨の試運転の準備が進められています。
同時に、日本が精神文化の面で世界から注目されることになりそうです。

弥勒(18)の力に人間の神性(1)が加わって合計19となることで、世の立て直しが始まります。
そして地上のユートピアは、最高の精神文明と最先端のテクノロジーとが融合することによって構築されていきます。
AIの登場によってこれから人間が労働から解放されてくるので、これまで人生の大半の時間を労働に浪費してきた人類が、ようやく自分が本音でやりたいことを実行するのに十分な時間を手に入れます。


あなたはゴールデンウィークをどう過ごしますか

参道

自粛が求められ、娯楽の少ない2020年のゴールデンウィークは、ゆっくりと体と心を休めて自身のこれからの生き方についてクリアにしていくための時間を持つと良いでしょう。

令和は「個」の時代です。自分の中に柱が立っているかどうかで、これから生きていく上で大きな差が生まれてきます。
誰かの支配下で動いたり、カリスマのような人に影響されて動く人、つまり主体性の無い人はこれから来る新しい社会の中でどんどん存在感を失っていきます。

この機会に、AIとは違う私たち人間の五感と喜怒哀楽の感情を大切にしながら、自分が好きなこと、感じていることを主体的に発信していく活動を始めることをお勧めします。


「いやさかの会 自分メディア構築グループ」 ←クリック

まだ自分発信を始めていない方は、ぜひ参加をご検討ください。

やしろたかひろ




関連記事
弥勒(567)から岩戸開き(568)への流れ、天照大神の正体とは
“個”の時代の具体的な立ち回り方- 収入も得られる方法を教えます
レムリア文明はなぜ海中に沈まなければいけなかったのか?【文明の目的】


ヘンプショップ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional