スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

人間が二極分化してきた!それを〇〇が見ている!!

人間が二極分化してきた!それを〇〇が見ている!!

ホルスの目

今は飲食店や接客業、観光、娯楽産業などで仕事をしている人たちは大変な状況にあると思います。
ショップへ行くとレジ前に透明のビニールが垂れ下がっていたり、人が集まらないようにと公園の遊具が使用禁止になったり、花畑が管理者によって刈り取られたり(チューリップには何の罪もありません!)と、ある意味で実に嫌な世の中になっています。

このような混乱期には、人間が二極分化してきます。
状況を冷静に捉えて自己の精神性を高める機会としている人もいれば、精神を崩壊させて他人を攻撃することで自分のストレスのはけ口を作っているような人もいます。

ポジティブに意見や議論をし合うのは良いのですが、単に自分とは価値観や考え方や生き方が違うというだけで誰かを名指しして誹謗中傷をしたり、間違った正義感で他人を攻撃するのは人間としてやっていけないことです。

もし誹謗中傷をしている人が、ふだんヒーリングやリーディングや神様事などをしているような人ならば大変憂慮されるべきことです。精神文明の崩壊ということになります。

相手が一般人ではなく有名人や政治家であったとしても同様です。
「安倍が…!」とか「麻生が…!」と言ってSNS上で中傷している人たちがいますが、日本は独裁国家でもなければ、大統領制の国家でもありません。
一人の政治家が国家の重要なことを独断で決めているはずはありませんし、また日本は官僚組織が強かったり、アメリカからの圧力が強かったりと複雑な構造があるのです。

集団的自衛権の時には集団ヒステリーが発生して大規模なデモが行われましたが、今回は外出の自粛が求められているので集団行動は困難です。
集団行動が困難な分、今回はまさに一人一人の人間性が事細かに「見られている」のです。

私がここで「見られている」と言った意味ですが……、
昔から日本人は、「お天道様が見ている」という合言葉を共有して倫理観を高め合い、他人が見ていないところでも正しく振舞う民族でした。
しかし、今回はそういうスピリチュアル的な意味だけではありません。現実的な意味で私たち一人一人の言動が観察され、評価されているのです。

テスト

中国ではAIを使って個人の信用度を「信用スコア」として数値化するシステムが導入されており、イギリスでも未来に犯罪を犯す可能性のある人に「危険スコア」を付ける実験を始めている。日本の公安もこのシステムに関心を示している。
……という情報をこのブログの中で私が紹介したのは、もう1年以上も前のことでした。

AIを使って個人をスコアリングすることを「社会信用システム」と言います。その際に収集するデータの中には、その人の社会的ステータスだけではなく、インターネットや現実での行動の内容も含まれていると言われています。
日本の総務省が公開している資料の中にも「個人信用スコアの社会的意義」というのがあるので、興味のある人はネット検索してみてください。

この「社会信用システム」は、今やフェイスブックなどSNSの中に組み込まれていると言われています。
フェイスブックにログインして、あなたがどんなことをコメントしているのか、他人のどんな意見をシェアしたり「いいね」を付けているのかなど、そういうことがAIによってデータ化され、一人一人の人格が評価されているのです。

SNSを利用したこのようなビックデータが具体的に何の目的で収集されていて、今後どのように扱われるのか詳しいことは分かりません。
憶測をするならば、法を犯して裁判にかけられた時に、この個人データが裁判員に公開されるというようなこともあるかもしれません。
とにかく自分の言動は「お天道様が見ている。AIも見ている」ということを肝に銘じておかなければなりません。
基本的に、ネット上で意見や議論をすることは良いが、単に他人を攻撃することや嘲笑することはやめるべきです。

外から入って来るネガティブな意識エネルギーの影響をブロックする方法があります。

ひとつは、テレビのニュース番組をなるべく見ないことです。
ネットニュースの場合には自分が読みたいニュースと読みたくないニュースを仕訳けすることが出来ますが、テレビの場合は勝手に流されてしまいます。  
したがって、私はテレビのニュース番組が始まるとチャンネルを切り替えるようにしています。

もうひとつは、SNS上で他人を誹謗中傷したり、そのような記事をシェアしている人を見掛けたら、その人をフォローすることをやめる、友達つながりを解除するという方法があります。
その時に、あなたがその相手を攻撃するような行為に及んではいけません。黙ってその人とのつながりを切るのです。

今、社会で起きていることを陰謀論で説明することも可能だと思いますが、同時に世の立て直しが始まっているのです。
破壊と再生のプロセスでは現実とスピリチュアルとが一体となり、陰と陽が一体となって世の立て直しが行われるので、思考的にバランス感覚の無い人や、思いやりの無い行動や責任転嫁をしている人は淘汰されていきます。

これから自分の世界観と合っている人同士がネットを媒介としてコミュニティーを構築していき、世界観の合わない人同士は離れていき、現実的な意味のパラレルワールドがどんどん誕生していくものと思われます。
攻撃グループ、嘲笑グループ、共生グループ…あなたはどのグループに属そうとしているのでしょうか?


「いやさかの会 自分メディア構築グループ」 ←クリック

まだ自分発信を始めていない方は、ぜひ参加をご検討ください。

やしろたかひろ




関連記事
5G・新型コロナについてバシャールの視点 ~2020年 並行宇宙の発達
弥勒(567)から岩戸開き(568)への流れ、天照大神の正体とは


ヘンプショップ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional