アセンションとは何か?【いやさかの会】

神との対話 -性について アセンション考【いやさかの会】

「神との対話」

※本ページの記事はサンマーク出版「神との対話」より引用しています。

性について

トムとマリーのはなし

私が作った全ての物には、宇宙に信号を発信する発信機(脳の視床下部にある)を植え込んだ。
人間にも、動物にも、植物にも、岩にも・・・
あなたは、たった今も、自分の中心から、あらゆる方向に向かって、信号(エネルギー)を発信している。
このエネルギーは、波動となって外へ向かう。
あなたから離れて、壁を通り抜け、山を越え月を越えて、永遠に向かって進んで行く。
あなたの思考エネルギーは、敏感な相手なら、それを感じ取る事が出来る。
このエネルギーは、引力の法則のように、似た者同士を引き付ける性質を持っている。
あなたが発する言葉が、あなたの行動が、このエネルギーに影響を及ぼしているからだ。
世界は常に、このエネルギーに満たされ、エネルギーの交換をし続けている。

愛し合う二人がいるとしよう。
その二人を、トムとマリーとしよう。
トムは、宇宙に向かって、全方向にエネルギーを発信している。
そのエネルギーの一部は、マリーにも到達する。
マリーもエネルギーを放出していて、その一部がトムにも届く。
二人の想い・この思考エネルギーは、二人の中間で出会い、溶け合い新しいエネルギーになる。
この新しいエネルギーを、「トマリー」と名づけることにしよう。
二人の間に出来た、新しい身体みたいなものだ。
二人それぞれにつながっていて、二人がエネルギーを注ぎ続けている中間の身体である。
トマリーは、一つになった歓び、崇高な祝福された歓びを感じている。
トムとマリーは、遠く離れた場所にいても、このトマリーの感情を感じとる事が出来ている。
だから二人は、このトマリーに到達しようと徐々にお互いが近づく。
二人が一つだと知っている場所、一つになるとはどんな事かを知っている場所に、行こうとする。

二人の距離が、二人の間にいるトマリーに近づき、トマリーのエネルギーの密度も高くなっていく。
二人は更に近づき、密度も更に高まる。
もう2~3メートルの距離しかない。
トマリーは熱くなる。
エネルギーの振動は、猛スピードになる。
二人は燃えている。
二人は更に近づき、触れ合う。
耐えられない位の感覚になる。
触れ合った瞬間、二人はトマリーのエネルギーを、濃密に凝縮されて一つになった存在を感じ取る。
ピリピリと電流のようなものが、身体を駆け抜ける。
触れ合う所が、熱くなる。
このエネルギーは、下半身のチャクラ(人間にあるエネルギーの集合場所の1つ)で凝縮される。
トムとマリーは、熱くなって抱き合い、トマリーのように、一つに溶け合いたいと思う。
トムの身体は、マリーの中へ入る用意が出来、マリーの身体は、トムを中へ受け入れる用意が出来た。
ピリピリと流れる電流、炎は激しく燃え盛り、二つの身体が合体する。
トムとマリーとトマリーが、一つになったのだ。
激しく情熱的に、二人はうねり、動く。
お互いを更に求め合い、更に密接になる為に。
そして二人は爆発する。
肉体に、ケイレンが起こる。
指の先にまで、振動が走る。
爆発して一体となった時、二人は生命そのものを体験するのだ。
そこから、物理的な形で第三の実在が生じる。
こうして、トマリーの分身が創造される。
二人は、生命を創造したのだ。


性教育について

身体の自然な機能を間違った恥ずべきことだと、子供たちに教えるのはやめなさい。セクシュアルなことはタブーだと思わせるのもやめなさい。それよりも、あなたがたのロマンチックな部分を見せてやりなさい。抱きあい、ふれあい、やさしく愛撫しあう姿を見せてやりなさい。
両親が愛しあっていること、愛を肉体的に表現することは、自然なすばらしいことなのだと教えてやりなさい。
子供たちがセクシュアルな感情をいだいたり、好奇心や衝動に駆られはじめたら、時々の新しい経験に罪悪感や恥辱感ではなく、喜びや誇りをもてるようにしてやりなさい。
それに、肉体を子供たちの目から隠すのもやめたほうがいい。キャンプ先の池や、庭のプールで裸で泳ぐのはいっこうにかまわない。ローブも着ないで寝室からバスルームに行く姿を見て、脳卒中を起こすような子供には育てないこと。必死になってごまかし、隠したり、禁欲したりする必要もない。
親がすなおに自分の姿を見せれば、子供たちは親もセクシュアルな存在だと考える。自分もいつかそうなるのだと思う。子供は親のまねをして育つのだから(セラピストに聞けば、親の「行為」を想像できないおとながいることがわかるだろう。セラピーを受ける患者は、そういう想像をしようとすると怒りや罪悪感、恥辱感にさいなまれるのだが、自分のどこがおかしいのかわからない)。
子供だちとセックスについて話したり、笑ったりしなさい。自分のセクシュアリティに誇りと喜びをもてるように教え、導きなさい。
最初のキス、最初の抱擁、最初のふれあいから始めなさい。キスしあい、抱き合う親の姿を見せなさい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional