スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

日本も食糧危機へ、そして第三次世界大戦に巻き込まれる可能性!! ウクライナ問題に対する岸田政権の危うさ!

日本も食糧危機へ、そして第三次世界大戦に巻き込まれる可能性!! ウクライナ問題に対する岸田政権の危うさ!

ロシアのプーチン大統領、イランのライシ大統領、トルコのエルドアン大統領

写真はロシアのプーチン大統領、イランのライシ大統領、トルコのエルドアン大統領
出典: 東京新聞 (22.7.20)
この3国が、今後の世界情勢の鍵になってくるものと思われます。


現在起きているウクライナ問題を考えるためには、その歴史的背景を理解する必要があります。

7世紀、カスピ海の北西部から黒海に接する地域にハザールという王国が誕生しました。
ハザール人はノアの箱舟の話に出てくるノアの3人の子供、セム・ハム・ヤペテのうち、ハムの血筋を引きます。
彼らは生贄の儀式などを行っていたため、周囲の民族からは異端視されていました。

ハザールは、常に外敵からの脅威にさらされていました。
身の安全を図るために、ハザールの支配者層は9世紀頃にユダヤ教に改宗しました。
そのため、彼らはのちにアシュケナジー系ユダヤ人と呼ばれるようになります。

ハザールの滅亡は10世紀。キエフ大公国による侵攻が衰退のきっかけとなります。
キエフ大公国にはスラブ人が住んでおり、現代のロシアやベラルーシの文化的祖先と言われています。

戦禍から逃れたハザール人の一部はイスラエルに移住しました。
イスラエルにはもともとスファラディーと呼ばれる有色人種のユダヤ人が居住していましたが、スファラディーはハザール人に追い出されて居住地を失いました。

またハザール人の一部は、現在のウクライナ西部からポーランド南東部にまたがるガリツィア地方に定住し、強大化していくスラブ人の国・ロシアと対立を続けていました。

旧ソビエト連邦から独立した後、現在のウクライナはハザールの流れをくむ人々が支配しています。
ウクライナは多民族国家ですが、事実上、ハザール人による独裁状態にあります。
そして、いま起きているウクライナ問題は、何世紀にもわたるハザール人とスラブ人との対立の歴史の中で起きているのです。

ウクライナ東部のドネツク州とルガンスク州はロシア系の人々、すなわちスラブ人の居住地だったため、スラブ人を憎んでいたウクライナ政府軍・アゾフ大隊が彼らを弾圧。
スラブ人に対する虐殺が繰り返され、内戦が勃発するに至りました。

2014年にロシアが介入し、ミンスク合意によっていったんは停戦協議が成立しましたが、ウクライナ側がそれを破ってスラブ人に対する弾圧を続け、さらにゼレンスキー政権がNATO加盟の方針を打ち出したためロシア・プーチン政権が怒り、東部2州を奪って独立させたという流れです。

したがって、ロシアのウクライナ侵攻の目的は、東部2州に住むスラブ人の救済とウクライナ国内の化学兵器基地などを抑えることにありました。
ウクライナ側には米国のCIAや英国のMI6が支援に入っていることが報道でも明らかになっており、ブチャ事件などはウクライナとそれら工作機関による捏造の可能性があります。



ドル紙幣

ハザール王国の流れをくむアシュケナジー系ユダヤ人は、金融業で成功し、フリーメーソンに癒着するなどして勢力を拡大し、ロスチャイルドの祖となりました。
バチカンを本拠地とするイエズス会は、アシュケナジー系ユダヤ人と関係の深かった勢力がローマ・カトリック教会を乗っ取って設立したものです。

一方で、スファラディー系ユダヤ人は、日本にも渡来して物部氏や秦氏の祖となっています。

グレート・リセットは、アシュケナジー系ユダヤ人の流れをくむ欧米勢力が中心になって進められています。
一方で、ロシアは欧米勢力とは別枠で新しい世界秩序を構築しようとしています。
そのため、これからウクライナ問題に端を発して両者が対立し、第三次世界大戦が起きる可能性が懸念されているのです。
冒頭の三者が並んだ写真は、その可能性を如実に表しています。

ロシアは天然資源大国です。また、農業用肥料の輸出国でもあります。
ウクライナ問題でロシアに対する制裁に参加していない中国や東南アジア諸国などがさらにロシアと手を組めば、戦争を起こさずして日本を含む西側諸国を物資不足や食糧危機という窮地に陥れることも可能です。

ロシアと友好関係を築くことに努力をしてきた安倍元首相が死去し、岸田政権がロシアに対する制裁強化を決めたことによって、日本も危うい状況になってきました。

古代からの日本もそうですが、人類の歴史は侵略と支配をし合ってきた歴史です。どちらが善・悪とは言えないのです。
いま目の前にある日本の危機を回避するためにはロシアを一方的に悪とするアナウンスをやめ、政府はロシアと中立の立場で付き合っていく必要があります。

(やしろたかひろ)


関連記事
農業立国スリランカが破綻! モンサントは善か悪か? 環境ジレンマに陥る人類
安倍元首相襲撃事件を考える ―破壊と創造のプロセスで日本人が歩む道


<いやさかの会>LINEコミュニティのご案内
このLINEはメンバーの雑談部屋として、近況報告や井戸端会議的な会話から困り事相談、何かわからないことの質問まで自由にご利用ください。
これから数年で社会が激変してきます。現実の世の中で今何が起きているのかについてもシェアしていきたいと思います。
※宣伝目的の利用はNGとさせていただきます。
詳細はこちら


ヘンプショップ

電磁波対策グッズ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional