スピリチュアル総合情報サイト【弥栄-イヤサカの会】-Mind and soul laboratory

明治神宮・清正井 -東京にある金運上昇パワースポット【弥栄-いやさかの会】

明治神宮・清正井 -東京にある金運上昇パワースポット

明治神宮・清正井


今回紹介する金運上昇パワースポットは関東編。
都会のど真ん中、東京都渋谷区にあり毎日多くの人々が訪れる明治神宮です。

初詣参拝者数で日本一の明治神宮は、明治天皇と皇后が祀られている神社です。
明治神宮は2020年に建立100周年を迎えますが、建立時に植えられた樹木は普通よりも早いペースで成長しました。
その理由は、ここは富士山から皇居に向かう龍脈が合流する場所にあり、強力な龍穴パワースポットで大地の気がみなぎる場所だからだと言われています。

明治神宮には、複数のパワースポットがあります。

御苑の清正井(きよまさのいど)から流れ出ている清浄な水は、菖蒲田から南池を巡り、浄化のエネルギーを満たしています。
清正井の写真を携帯の待ち受けにすると金運がアップするという噂がマスコミに紹介されてからブームになり、たくさんの人が写真を撮りに訪れています。
ただし、清正井は強力な浄化のパワースポットではありますが、陰陽がはっきりと分かれる『陰呼』という作りになっていて、人の邪念もたまりやすくなっているので、陰の気が強まる夕方や雨の日には行かないほうが良いそうです。

良縁の癒しパワースポットは南参道と社殿で、精神リセットの浄化パワースポットは宝物殿と御苑です。
社殿にある『夫婦楠』は、夫婦円満、家内安全の象徴で、拝殿に向かっているラインに良縁の強いエネルギーが流れています。
宝物殿入り口の芝生にある『亀石』からは体が温まるほどのエネルギーが出ていると言われます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional