弥栄-いやさかの会

世界は良くなっている。2025年7月の予言は当たらない。…吉濱ツトム氏

世界は良くなっている。2025年7月の予言は当たらない。…吉濱ツトム氏

2025年


たつき諒氏による予言書のような漫画本「私が見た未来」が火をつけたと言われる2025年7月問題ですが、他の複数の予言者たちも同じようなビジョンを見ていると噂されています。

この件について、発達障害を自称するプレアデス系のチャネラー、吉濱ツトム氏が解説しているので以下に紹介します。

2025年7月の予言の仕組み
現在多くの人々が世界は悪化しているという間違った認識をもっていて、悪化していく世界が集合無意識の中で作り出されている。
そのタイミングで「2025年7月に破滅的なことが起こる」という本が出て人気になり悪魔合体した。
予言者たちは、人々の想念によって勝手に作り出された仮想現実を光情報として見ている。

2025年7月の予言が外れる理由
1. 世界は一貫して良くなっているのにも関わらず、予言者たちは世界は悪化しているという間違った先入観をもっている。仮にその人に霊能力があったとしても、先入観が入った時点で外れてしまう。
2.大々的に話題になった破滅的な予言は、集合無意識が回避させる。
3. 「この人の予言は的中してきた」「古くからの予言書にも2025年が指摘されている」という意見について。当たっていない予言もあるはずだ。世界が良くなっているということを全然当てていないのはおかしい。


吉濱ツトム氏は世界は一貫して良くなっていると主張しています。その根拠を説明している動画があるので貼っておきます。

(やしろたかひろ) 

関連記事
もうすぐ、ワクワクの愛が協演する「願望実現社会」が到来します ~共存から共生、そして共感へ
聖徳太子の予言「未来記」 中山康直氏の解釈に反論します→2030年から人類滅亡のカウントダウンに入る!?
【生成化育と麻の葉模様】古代日本に終末論が無かった理由

※LINEコミュニティのご案内
このLINEは、本ブログでご縁をいただいた方の雑談部屋です。近況報告や井戸端会議的な会話から何かわからないことの質問まで自由にご利用ください。
詳細はこちら


いやさかショップ

電磁波対策グッズ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional