スピリチュアル総合【弥栄-イヤサカの会】

8の秘密 ユダヤとレムリアを繋げた日本のメビウスの輪

8の秘密 ユダヤとレムリアを繋げた日本のメビウスの輪

8image


以前にもご紹介した、バシャールが語る「8」という数の意味について。
今、このことが非常に重要な時期に入っていると思われますので、以下に再掲載します。

「8」の波動を使う方法はたくさんあります。例えば、バランスをとるために使うこともできれば、違う空間同士のコミュニケーションに使うこともできます。

8をひねるとメビウスの輪のようになって、この次元、あの次元というふうに、8を中心にして別々の次元、別々のリアリティへのポータルとなります。
瞑想においては、右脳・左脳のバランスをとるために使えます。
8の字の中間の交わるところが「脳梁」(※松果体を含む部分)になり、左右の脳のエネルギー・バランスをととのえることができます。

8は9のひとつ前ですね。9という数字は、サイクルの完結を意味します。
その意味において、まだ8は完結ではなく、サイクルの完結のために必要な情報をすべて集める、ということを意味します。

8の形を見てください。
まん中にもってくる、という形ですね。
上と下にある情報を全部まん中に集め、バランスをとり、それから新しい方向へ進みます。
―バシャール―


日本人は、「八」を末広がりの縁起の良い数と考えてきました。

「米」という字を分解すると八十八。その上に草かんむりを乗せると「茶」になります。
八はヤハウェを表し、草かむりと十はキリストを表しているらしいです。

侘び茶の開祖である千利休は、キリシタンだったという説があります。
お茶は最後の晩餐の時のキリストの血を象徴するワインに対応し、お茶菓子はキリストの肉を象徴するパンに対応するとのことです。


日本の鬼門ラインは八戸と八代を結ぶ八八ラインである、という私の分析は以前に紹介しました。
このラインの八戸側にはキリストの墓と言い伝えられている史跡があり、八代側には隠れキリシタンの聖地があります。

日本列島の表鬼門と裏鬼門

女神を太陽神とするのは日本独自です。
神話「岩戸隠れ」の原型はキリストの復活の話である可能性が高く、その話と縄文以前からあった女神信仰が融合して天照大神が誕生したものと私は考えています。

また、神道とは、縄文晩期から弥生時代に渡来したユダヤ系の人々がもたらした信仰と、縄文以前から日本にあったアニミズム的なものが融合したものだと考えています。
縄文文化というのは、レムリア文明の名残でりではないでしょうか。
すなわち、日本はユダヤとレムリアが融合した国であるということが出来るのです。

文明の目的とは、二元から一元へ戻るプロセスを体験することにある。
天照大神とは、男性神と女性神、太陽と月、ユダヤとレムリアが統合された象徴です。

日本は、異質のものを統合させる性質を持っている国なのです。
その意味で、メビウスの輪である「8」は日本を表します。
バシャールの言葉を借りれば、これから世界のバランスをとり、人類が新しい方向へ進むための鍵になるのが日本なのではないでしょうか。

(やしろたかひろ) 


※関連記事
旧石器時代に思いを向けるとレムリアが見えてくる
[伊勢神宮] 神話とは、私たちが創造主であることの証明である。
封印された日本の「八八ライン」と大麻文化、そしてスサノオの到来
バシャールが語る大麻とナンバー8 、そしてこれから起こる変化について
かごめ歌に暗示された日本とユダヤの関係、そして新しい時代

<いやさかの会>LINEグループのご案内
このLINEグループはメンバーの雑談部屋として、近況報告や井戸端会議的な会話から困り事相談、何かわからないことの質問まで自由にご利用ください。
これから数年で社会が激変してきます。現実の世の中で今何が起きているのかについてもシェアしていきたいと思います。
※宣伝目的の利用はNGとさせていただきます。
<いやさかの会>LINEグループの詳細はこちら


ヘンプショップ

電磁波対策グッズ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional